[第二回 真打『柳亭こみち』落語会]

魂を揺さぶる、本物の落語を聴きに行きませんか?
第一回目は大好評でした!第二弾を開催します!
2019年8月30日(金) 
限定30席のみ募集!

 

私、金本智恵が惚れ込んだ女流落語家を紹介させてください〜!

プロの落語家の中でも、最上位の地位にあるのが「真打(しんうち)」です。

最高の力量を持つ者だけがなれるとされ、興行の最後のトリをとる権利を与えられる地位です。

その真打の中でも数少ない女流落語家の柳亭こみちさん。しかも二児の母の真打は、落語協会唯一だそうです。

私とこみち姐さんの出会いは20年近く前に遡ります。

当時勤めていた会社の営業部に所属していた私はある沿線の担当。

こみち姐さんも、アルクという大手の語学出版社の営業として同じ路線を担当していました。

いつも元気よく、書店さんからも、また版元からも大人気の営業ウーマンで、英語も堪能。版元にいるのさえもったいないくらいの方でした。

そんなある日、いつもの営業先で「私、噺家になるの!」と告白されたのです。

詳しく聞くと、週末に行ったある寄席で運命的な出会いをしたとのこと。その衝撃は雷に打たれたかのようだったと興奮気味に話していました。

安定を考えるとしたら、当然ながら仕事はそのままで、落語はただの趣味で終わらせるはず。ところが、心の声に従った結果、安定を捨てて、落語の世界へ飛び込もうとしたのです。

まわりの友人は応援してくれたものの、当然彼女の父親は大反対です。

しかし誰に反対されても、夢を叶えようという彼女の意志は変わることはなく、落語界へ飛び込んだのです。

落語界の厳しさ

あなたは、女性の落語家をテレビで観たことがありますか?
私は女流落語家を他に知りません。落語会はやはりまだまだ男社会なのです。
弟子入り志願当初は、女の弟子は取らないと断られ続けていたそうです。

それでも根気よく何度も志願のため日参を重ね、ようやく弟子に取ってもらえてからも、何百年の歴史がある落語界は完全に男社会。女というだけでいろいろ大変。

修業生活は会社員時代の仕事とはまるで違います。1年365日休みなく師匠の家に通い、
早朝から深夜までひたすら掃除炊事洗濯。
楽屋入りをして寄席でのデビューを果たした後は、そこに寄席の楽屋での修業も加わり、休みも人権もない過酷な毎日です。
その合間に、ようやく稽古をつけてもらえます。

それでも、何十年もがんばれたのは、

「笑いを届けたい」「幸せを届けたい」という一心で落語の道を一途追い続けたからです。その結果、真打という最高位までたどり着きました。

「笑いを届けたい」「幸せを届けたい」という言葉どおり、彼女の高座を聞いた人はみな虜になります♩

私もそうです。こみち姐さんの高座を聴き、感動。すっかり虜になりました

 

ビジネスマン、講師、著者のみなさんなら、彼女のパフォーマンスから、人の心を揺さぶる秘訣などなど、得るものがたくさんあるでしょう。

そしてすごいパワーをもらえるはずです。

知らぬ間に巻き込まれる、真打 柳亭こみち姐さんの、魅力溢れる高座を是非見て、感動を分かち合ってほしいと思います。

 

真打

柳亭こみち師匠のプロフィール

  落語界初!二児の母の真打

東京都東村山市出身。大学卒業後、出版社アルク、書店営業部に勤務。

平成15年2月に 「七代目 柳亭燕路(りゅうていえんじ)」に入門する。前座名は「こみち」。

平成15年10月 落語協会前座として楽屋入り。

平成18年11月 二ツ目昇進。

平成29年9月 一般社団法人 落語協会の真打に昇進。

落語界初、二児の母の真打となる。

[紋 ]          変わり羽団扇

[出囃子]    供奴

[特技]        日本舞踊(吾妻流名取 名取名<吾妻 春美>)

[寄席の踊り]「かっぽれ」「奴さん」「深川」

[趣味]        長唄(吉住流) 歌舞伎鑑賞、野球(落語家協会野球部『チームR』所属)

[受賞歴]     第一回浦和落語選手権 優勝

 


 

●出演実績
NHKBS「お好み寄席」レギュラー出演、TBS「落語研究会」
フジテレビ「オンナたちの分岐点」、BSフジ「落語小僧」

その他、テレビ・ラジオ番組、CM、ナレーション出演など多数。

コラム連載、講演も多数。

独演会「落語坐こみち堂」「こみちのすべて」「音曲噺の会」などを各地で定期的に行う。

子ども寄席での出演も多い。

音曲をふんだんに取り入れた音曲噺や、古典風新作も創り続けている。

歌って踊れる噺家、老若男女から友達になりたいと思われる噺家を目指している。

●公式サイト http://komichinomichi.net/

落語会詳細

●開催日 : 2019年8月30日(金)

●開催時間:

・19:30〜20:50 落語会

(19時より開場)

・21:00〜23:00 落語会終了後に懇親会を開催します。(任意参加)

 

●場所:うららか亭

・住所  東京都台東区東上野3-33-11伊澤ビル302

・サイト http://lalaca.jp/access.html

・交通  東京メトロ銀座線稲荷町駅1番出口を出て、徒歩0分。

 

主催:金本智恵

●共催:コミュニケーション総合研究所

 

●金額

落語会   3,000円(当日払い3,500円)

懇親会   6,000円(当日の集金)

 

※懇親会は、高級日本酒が飲み放題のスペシャル企画です。
第一回目は懇親会への参加率95%でした。
もちろん落語は最高ですが、こみち姐さんとの飲み会がまたいいんです!
高座を降りても、めちゃめちゃおもしろい方なんです(笑)

姐さんとの会話に、みなさん感動されてました。懇親会まで参加されるのを強くオススメしますよー。

 

 

最後に

 

「最近笑ってないな・・」「日々の刺激が足りない」「自分の軸がぶれているかも」という人は、高いエネルギーを持つ、こみち姐さんの落語でパワーチャージをしてください!

きっと、違う明日が拓けると思います。

第一回目は30席がすぐに埋まりましたので、お急ぎくださいね〜